練馬区のマンションの不動産売却で交わす契約の種類

マンションは一戸建てとは建物の形態こそ異なりますが、分譲マンションの場合は持ち家ですので、不動産業者に仲介で売りたい際は一戸建てと同様の契約を交わすことになります。例えば東京都の練馬区にマンションを持っている場合、その不動産売却では、地元の練馬区の不動産屋さんに依頼することも多いケースです。そしてその業者と交わす契約には、一般的な仲介と専任的な仲介、そして専属条項が加えられた専属専任となる仲介の、いずれかの契約を結ぶことになります。これらの契約方法は一戸建ての場合と全く同じであり、それぞれに特徴があります。大きく分けますと、一般契約と専任以上の契約に分けることができます。一般的な仲介契約では不動産売却を自分の希望する不動産業者と重複して契約を交わせ、専任以上の仲介契約では一社に任せることになります。

練馬区内での住み替えによる不動産売却

練馬区は都内でも有数の人口を誇る地域でもありますから、それだけ住みよい環境と言えます。例え引越しをする場合でありましても、同じ練馬区内で行うケースも見受けられます。その場合では、不動産売却をしてから新宅を買った方が良いのか、買ってから手放した方が良いのか判断に憂慮することも珍しくありません。しかし同区内の場合でありますと、練馬区に強い不動産業者一社だけで、売りと買いの契約が行える可能性があり、有利にことを進められる場合があります。例えば資金的なことでありましても、売りと買いの窓口が一つの場合、その店舗のフィナンシャルプランナーに相談するだけで済みますので、効率的に住み替えでの資金プランが立てられます。そしてその不動産業者が仲介だけでなく、買い取りにも強い場合でありましたら、より素早い不動産売却が可能となります。

練馬区の不動産売却で訪れるべき不動産屋さん

練馬区は東京でも住んでいる人が多い区でありますが、ファミリー世帯が多いという傾向も見て取れます。それは地元スーパーの特売でも家族向けの商品が多く並ぶことがそれを物語っているでしょう。このことは同区で不動産売却をした場合、その物件を同区の人が購入する可能性があることを示唆しています。例えば、小学校や中学校などに通っているお子さんがいらっしゃる家庭でありますと、賃貸住宅から持ち家に住み替えをする場合、転校しなくても済むように、近場で住み替えることもあります。更に練馬区は住み良い区でもありますので、地元の不動産屋さんにはそうした見込み客が登録されていることも一般的なことです。その為、現在お手持ちの練馬区にある不動産売却を実行に移す場合は、同区内の不動産屋さんを訪れることが、一つの良策と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*